アナウンサー登録

47 PROJECT 47発信プロジェクト

尾鷲ヒノキの間伐材を使った手作り木工雑貨!

元西日本放送・元テレビ愛知アナウンサーの菊池優です。現在は東海地方を中心にフリーアナウンサーをしています。

三重テレビの「ハピ3!」という番組にレギュラー出演をしていて、三重県内の色々な場所にお邪魔しています。今回は尾鷲市で出会った素敵な木工雑貨をご紹介します。

 

■尾鷲ヒノキ

三重県南部の尾鷲市では、江戸時代に紀州藩が林業を奨励して、海運を利用して江戸に木材を運んでいました。そして現在まで林業、木材業を営んできました。尾鷲地域は急な地形とやせた土壌で木が生育するには非常に厳しい条件ですが、ゆっくりと長い年月をかけて育った『尾鷲ヒノキ』は年輪が緻密で、耐朽性にも優れていると高い評価を得ています。

 

■尾鷲ヒノキの間伐材を使った木工雑貨

そんな尾鷲ヒノキの間伐材や端材を使って木工雑貨を作っているお店が尾鷲市にあります。

それが『えびすや』さんです。

えびすやさんは2016年に三重県で行われた「伊勢志摩サミット」でG7各国が囲んだ円卓の上に置いてあった国名のプレートや、尾鷲ヒノキのコースターを作ったそうです。

まさに三重県を代表する木工品を作っているんです。

店内はヒノキの良い香りがしていて、その空間にいるだけでも癒されます。アクセサリーやカトラリー、積木や木工飾りなどが置いてあります。

特にピアス・イヤリングが充実していました。大ぶりのデザインですが、見た目に反してとても軽いんです。イヤリングを着けさせてもらいましたが、軽くて全くストレス無く着けることが出来ました。ロケ後にお買い上げ♪

ハリネズミのピアスは人気だそうです。針の細かい所まで手作りで繊細に削ってあります。複雑なデザインも強い尾鷲ヒノキだからこそ作れるのではないでしょうか。

自然の材料で作られた雑貨は見ているだけでもとても癒されます。手触りや匂いもヒノキならではです。皆さんも尾鷲ヒノキに触れてみてはいかがでしょうか?

 

尾鷲ヒノキの手作り雑貨 えびすや

〒519-3637

三重県尾鷲市光ヶ丘14-18

TEL 0597-23-0009

不定休

オンラインショップ http://owase-ebisuya.com/

 

 

↓ 菊池優アナウンサーのプロフィールはこちら

菊池 優 
 菊池 優