トップ

ニュース

ニュース詳細

  • 活動報告
  • 多賀アナウンサーが中学生向けマナー講座を開催

    石川県かほく市立高松中学校にて、多賀祐子アナウンサーがマナー講座の講師を務めました。

    「いいね!と思われるコミュニケーション法」と題し、アナウンサーの仕事を通して身につけた第一印象をよくする方法や、マスクをしたままでも伝わる笑顔のコツとして目元の表情の大切さを指導しました。

    発声・滑舌練習では、生徒たちが口の準備運動や早口言葉に挑戦したほか、
    表現力の大切さを学ぶワークでは、
    「がんばれ」
    などのセリフを様々なシチュエーションに合わせて表現。
    声の大きさやスピード、高さを変えると、伝わり方ががらりと変わることが伝わったかと思います。
    発表してくれる積極的な生徒が多く、笑いが溢れ、にぎやかな講座となりました。ありがとうございました!
    アナウンサー紹介

    9年間務めた金沢ケーブルでは、生放送の情報番組や通販番組のMCを担当。自社制作アニメ番組の主題歌を歌うなど歌手デビューも。石川県内すべての民放局とNHKの番組でリポーターを経験。ナレーションが得意でCM100本以上を担当。芸能プロダクションで発声滑舌レッスンの指導、親子のコミュニケーション力を高めるマザーズコーチングスクールのマザーズティーチャー、表現力を磨くファミリースピーチアカデミーの講師、お菓子教室の先生など講師業にも力を入れている。2児の母で小学校PTA会長。