アナウンサー登録

47 PROJECT 47発信プロジェクト

「まるで〇〇〇?!」愛媛のオリジナル新種『紅まどんな』

こんにちは!大阪府出身で元あいテレビアナウンサー(愛媛・TBS系列)の山崎愛です。現在は、3人の子供を育てながら、フリーで、関西・愛媛を中心に活動しています。

本格的な冬を迎えるこの季節、愛媛では散歩をしていると、畑の端に植えられた木にみかんが実をつけていたり、知人から頂いたりと柑橘に囲まれます。

県内では数十種類以上の柑橘が生産されていますが、愛媛のみで生産され、この時期旬を迎えるのが、『紅まどんな』と呼ばれる品種です。贈答用として人気があります!

 

■選ばれたもののみに与えられる「紅まどんな」の称号

この『紅まどんな』は、県内で育成された『愛媛果試第28号』という品種の中でも、糖度10.5度以上、酸度1.2%未満など一定の基準をクリアし、JAを通じて出荷されるが名乗ることができる、品質保証付きの柑橘です!

ちなみに、『愛媛果試第28号』は、天草と南香を交配して育成した品種で、愛媛でのみ生産が許されているとても貴重な品種だといえます。

 

■まるでゼリーを食べているかのような味わい

薄くて柔らかい外皮を剥くと、薄皮に覆われた果汁たっぷりの果肉が現れます。

見た目からも、そのジューシーさは伝わってきますが、一つ口に運べば、「とろ~ん」ととろけるゼリーのような食感、溢れんばかりの甘い果汁に、豊かな香りが口いっぱいに広がります。おすすめの食べ方は、くし切りにする『スマイルカット』!!

 

■今を逃すと来年までお預け!!

今年は、台風や豪雨などに見舞われた愛媛。

JA全農えひめによりますと、「『紅まどんな』が育つ気象条件としては、厳しい状況だったが、節水管理などをし、糖高酸低の食べやすい果実に育っている」ということです。

見た目の美しさからも、贈答用としての人気が高まっている『紅まどんな』

一度食べたらやみつきになる事間違いなし!!1年のご褒美に、または、お世話になった方への贈り物にぴったりの愛媛が誇る柑橘の1つです。

購入できるのは、長くとも12月20日(2018年)までだと言うことです。食べてみたいよと言う方はどうぞお早めに!!

 

【注文について】

下記のURLより可能です。

「JA全農えひめ直販ショップ」(電話での注文は不可)

https://www.ja-town.com/shop/c/c7201/

 

 

↓ 山崎アナウンサーのプロフィールはこちら

山崎 愛 
 山崎 愛