アナウンサー登録

47 PROJECT 47発信プロジェクト

柑橘王国・愛媛のニューヒロイン!「愛媛クィーンスプラッシュ」

こんにちは!大阪出身で、現在は四国・関西を中心に活動しているフリーアナウンサーの山崎愛です。私が住む愛媛県は、柑橘の収穫量が42年連続全国1位のまさに!!『柑橘王国」だと言うことをご存じでしょうか?以前ご紹介した、『紅まどんな』をはじめ、多くの品種を栽培しているのも特徴です。

そこで、今回はこの時期しか味わえない柑橘王国・愛媛が誇る、超高級柑橘、『愛媛クィーンスプラッシュ』をご紹介します。

 

■1個1000円以上するものも!!その正体は!?

『愛媛クィーンスプラッシュ』は、愛媛県のオリジナル柑橘品種『甘平』の中から、糖度が13度以上で、形状や色などが特に優れ、サイズも2L~4L(果経8.0~10.2cm)など、見た目や糖度などの品質基準をクリアした果実のこと。その割合は、収穫された『甘平』の中のほんの1割程度で、女王の名にふさわしい、頂点に立つ最高品質が保証されたもののみに与えられる、栄冠です。

(図を参照)

『愛媛クィーンスプラッシュ』の販売が開始されたのは、3年前。旬は、1~2月ととても短く、まだ数量もまだ少ないため、一部の百貨店等で限定販売されていて、高いものでは、なんと1個1,000円を超えるものもあります。

 

■そもそも「甘平」って?

『愛媛クィーンスプラッシュ』=『甘平』の最高品質!ということはおわかりいただけたでしょうか。では、その『甘平』とはどんな柑橘なのか。

『甘平』は、愛媛県が、『ポンカン』と『西之香(にしのかおり)』を交配して開発した、オリジナル品種で、愛媛でのみ栽培されている柑橘です。

実際に、栽培されている、佐々木新仁さんによると、『甘平』は幼果の頃から、皮などが破れやすく、きめ細やかな水質管理などが必要で、とても繊細な柑橘とのこと。収量も、他の柑橘に比べるとまだ少なく、それが『高級柑橘』と呼ばれる所以なのかもしれません。

実際に、『甘平』を食べてみると、小さな一粒一粒の存在感があり、シャッキという食感と、柑橘らしいほどよい酸味はあるものの、甘い果汁が口いっぱいに広がります。

佐々木さんは、「7月の豪雨の時以外は、適度な雨が降ったため、『甘平』に限らず、今年の柑橘は、近年になく大変おいしく仕上がっている」と仰っていました。

実は、私もまだお目にかかったことのない『愛媛クィーンスプラッシュ』。まさに、幻の柑橘と言っても過言ではありません。一生に1度は奮発して、その美味しさに浸りたいものです。見つけられた方は、是非一度ご賞味あれ!後悔しないこと間違いなしです。

 

 

↓ 山崎アナウンサーのプロフィールはこちら

山崎 愛 
 山崎 愛