アナウンサー登録

47 PROJECT 47発信プロジェクト

最後のチャンス?!日本最古「道後温泉」

はじめまして!大阪府出身、元あいテレビアナウンサー(愛媛・TBS系)の山崎愛です。

今回、皆様に改めて紹介したいのが、愛媛県松山市の観光名所の一つ、『道後温泉』。『日本書紀』などにも登場する、日本三大古湯の1つです。

そんな『道後温泉』の温浴施設は全部で3つありますが、誰もがイメージし、ジブリ映画『千と千尋の神隠し』の油屋のモデルとなったとも言わるのが、『道後温泉本館』です。

実はこの『道後温泉本館』は間もなく保存修復工事に入るため、現在の姿を見られるのはあと僅かです。そこで、今しか味わえない『道後温泉本館』の魅力をご紹介します。

 

まずなんと言っても『道後温泉本館』は、日本の公衆浴場として初めて、平成6年に国の重要文化財に指定されながら、現役の公衆浴場として地元民のみならず、観光客にも親しまれています。それを裏付けるかのように、平成21年に発行された、日本を訪れる外国人観光客向けのガイドブック『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』では、最高ランクの3ツ星を獲得しています。

ここには、入浴後に利用できるいくつかの休憩室があります。例えば、雑誌などでもよく取り上げられる大広間『神の湯 二階休憩室』の他に、日本で唯一の皇室専用の『又新殿(写真)』、夏目漱石が正岡子規と利用したと言われる『坊ちゃんの間』などがあり、訪れる度に様々な部屋を楽しむこともできます。

また、施設の屋上にある『振鷺閣』には、天井から太鼓が吊り下げられていて、時を告げる『刻太鼓』として、1日3回打ち鳴らされます。また、夜になると赤い光が灯り、より一層情緒溢れる雰囲気に包まれますよ!!

『道後温泉本館』は、来年1月15日から、いよいよ保存修復工事に入ります。工事中も入浴は可能ですが、2階以上の休憩室は利用できなくなる他、入浴室の1つ『霊の湯』は取り壊す予定です。そして、一度修復に入ると、完成には7年ほどかかると言われています。

現在の姿を楽しめるのも残り僅か、今年の疲れを落しに、『道後温泉本館』に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

【情報の詳細】

道後温泉 公式サイト https://dogo.jp/

 

 

↓ 山崎愛アナウンサーのプロフィールはこちら

山崎 愛 
 山崎 愛