アナウンサー登録

47 PROJECT 47発信プロジェクト

群馬県民のソウルフード「焼きまんじゅう」

群馬テレビのアナウンサーとして働きはじめたころ、先輩に群馬県民のソウルフードだからと会社の近くの焼きまんじゅうのお店に連れて行ってもらいました!

みなさん、「焼きまんじゅう」と聞くとどんな味を想像しますか?

またこの写真の見てどんな味を想像しますか?

私は、まず焼いてあるまんじゅうだと想像し、この見た目で「みたらし団子」の味を想像していたのですが…

一口食べてびっくり!!

蒸しパンのようなふわふわの食感に、甘くて香ばしい味噌ダレがとってもおいしい!!!写真はまんじゅうの中には何も入っていませんが、メニューにはあんこ入りのものもありました。

先輩によると、お店によって大きさや甘さが違うそうなのですが、中に何も入っていないふかふかの白い素まんじゅうを長めの竹串に刺してこんがりと焼いて甘辛い味噌ダレをたっぷり塗ったものが「焼きまんじゅう」だそうです!

■粉食文化ならでは!群馬にしかない「焼きまんじゅう」

群馬県は小麦産地だったことから粉食文化が発達し、焼きまんじゅうはもちろん、うどんやおっきりこみといった麺類なども郷土料理と言われています。

「焼きまんじゅう」は今では観光客も食べられるようになりましたが、かつてはローカルな食べ物だったそうです。お祭りの露店では必ずあるそうで、味噌ダレの焦げた香ばしい匂いに誘われてお友達と買って必ず食べたという人がほとんどでした。私もニュースの取材でイベントに行くと必ず焼きまんじゅうのお店がでていましたよ!焼き立てのあつあつがまたおいしいのです。県内にはお店がいくつもあり、なかには100年以上前から作っているという老舗のお店もあります。

こちらは前橋市にある焼きまんじゅう屋さん「原嶋屋総本家」です。

創業1857年(安政4年)といわれる老舗のお店。

目の前でおいしそうな焼きまんじゅうが焼かれ、香ばしいニオイがたまりません。

焼きまんじゅうの起源は幕末で、前橋・伊勢崎・沼田にそれぞれ元祖といわれるお店があるそうです。最近はあるマンガに「焼きまんじゅう」が掲載されて、おいしそうで食べてみたいという声が広がり、焼きまんじゅうのお店には観光客が増えているそうです!

 

〜お家で簡単なんちゃって焼きまんじゅうレシピ〜

用意するもの

食パン、味噌、砂糖、みりん、水  以上

作り方は、大さじ1ずつの味噌、砂糖、みりん、水をフライパンで熱して食パンを入れて絡めるだけです!

写真は菓子パンのシュガートーストで作ってみました!

味噌風味のフレンチトーストのような感じです!

砂糖を入れて熱しているので粘りがでてパンとの相性もばっちりです。

香ばしいニオイに「これこれこれ!」と思わず声がでてしまいました。

ぜひご家庭でもどうぞ☆

そして群馬に遊びに行ったときには、焼きまんじゅうを召し上がってくださいね!

 

山部アナウンサーのプロフィールはこちら↓

ニュースキャスターから取材ロケも!
テレビ・ラジオ・インターネット動画と幅広い経験が強みです。ご依頼お待ちしております!
山部 朱里 
 山部 朱里

LATEST

ANNOUNCER