アナウンサー登録

47 PROJECT 47発信プロジェクト

選挙のニュースで目にする「だるま」と群馬の関係

群馬テレビのアナウンサー時代、新年度には必ずだるまに目入れをする社内のイベントがあり、見入ったことを今でも覚えています。

最近は選挙のニュースもよく目にするようになり、テレビにうつる「だるま」をみなさんも見覚えがあるかもしれません。

実は、そのだるま達、ほぼすべて群馬県の高崎市で生産されているのです。

高崎市のだるまの生産量は全国の80%を占めていて、日本一なんですよ!

お馴染みの赤いだるまはもちろん、現在ではたくさんの種類のだるまが作られていることはご存知でしょうか?

商売繁盛、必勝だるま、合格だるま、家内安全などなど!

色も、黄色、ピンク、緑と本当にカラフルなだるまもあるんです。

群馬県に遊びに行った際にはぜひお土産にいかがでしょうか。

東京の銀座にあるぐんまちゃん家でも大小さまざまなだるまが販売されていますのでぜひお出かけくださいね。

さて、みなさんはだるまの目入れと聞くと、右目?左目?どちらから目を入れるかご存知でしょうか。

実はこの目入れにもちゃんとした理由があるのです。

だるまの左目は「阿(あ)」、右目は「吽(うん)」を表しています。

阿吽の「阿」は物事の始まり、「吽」は終わりを意味します。

写真のように、正面から向かって右側(左目)に願いを込めて目を入れるのです。

願いが叶ったら正面から左側(右目)に感謝のきもちを込めて目を入れます。

仮に願いが叶わなくても、区切りとして年の終わりや年度の終わりに右目を入れて供養することが望ましいそうです。

お正月にはだるま市もあり、多くの観光客や地元の方で賑わいます。

また近くなったらご紹介しますね。

みなさんも、新しい年「令和」に合わせてご家庭に「だるま」いかがでしょうか。

 

 

↓ 山部アナウンサーのプロフィールはこちら

ニュースキャスターから取材ロケも!
テレビ・ラジオ・インターネット動画と幅広い経験が強みです。ご依頼お待ちしております!
山部 朱里 
 山部 朱里