トップ

よんなな プロジェクト

よんなな プロジェクト詳細

【石川県】突撃ロープウェイで総攻撃!?アスレチックで武将気分

目次

 こんにちは。石川県在住のフリーアナウンサー・多賀祐子です。アナウンサーとしての仕事だけでなく、最近は特技のアイシングクッキー作りの依頼も多く、手元に集中する作業を長時間する日が続くことも。そうすると肩が凝るし、巻き肩の姿勢になりかねないんです。
「美しい姿勢を取り戻すべく、体を動かそう!」
と思い立ち、子どもたちと行ってきた石川県内にあるフィールドアスレチック。その魅力をご紹介します。石川県津幡町にあるフィールドアスレチック

全長1.5㎞のフィールドアスレチック

 金沢市の隣、津幡町の石川県森林公園内にあるフィールドアスレチック。日本フィールドアスレチック協会公認コースなんですが、山の中とあって、なんと全長1.5kmもあります!スタート地点からの眺めも最高です。
スタート地点からの眺め山の中の小道には約40種のアスレチックがあり、子どもから大人まで一緒に遊びながらゴールを目指していきます。アスレチックが苦手な方でも大丈夫!スタートからゴールまでは距離があるので、景色を楽しみながら歩くだけでもいい運動になります。

体力測定や競技にも

 受付では、運動得点を記録するスコアカードが配られます。
スコアカードで体力測定もアスレチックにはそれぞれ課題が設けられており、その課題をクリアできたかどうかで0~2点までの運動得点が決まります。全種目にチャレンジして高得点を狙う体力測定はもちろん、家族や仲間で合計得点を競う競技スタイルで楽しむのもよし、遊び方は様々です。

武将気分!難所を超えて突き進もう

 熊よけの鈴を身につけ、いよいよスタート!アスレチックは7歳から挑戦できる簡単なものから、筋力や体幹が問われる難易度の高いものまであります。丸太の上をバランスを取りながら歩いたり、ロープにつかまって数メートル先へ両足で着地するもの、不安定なロープの上を渡り歩くものなど、ついつい大人も夢中になります。
遊びながら歴史に触れることができる種目にはそれぞれ名前がついており、『北陸街道進み』『津幡川渡り』など地名にちなんだものから、『出陣タイコ打ち』『突撃ロープウェイ』『総攻撃』など、かつて津幡町倶利伽羅峠(くりからとうげ)を舞台に起こった倶利伽羅源平合戦を連想させるものなどがあり、津幡町の歴史を学ぶきっかけにもなりそうです。

秋のアクティビティにおすすめ

 気持ちのいい汗をかきながらゴールに到着。およそ1時間40分かかりました。アスレチックは安全のためにも距離をとりながら遊ぶので、人が多い場合は順番待ちもありますが、すんなり行けば1時間半をきれるかもしれません。気温も涼しく、紅葉を迎えるこれからのシーズン、森の中のフィールドアスレチックは最高のアクティビティになりそうです。
大人も子どもも楽しめるフィールドアスレチックおいしい空気を思いっきり吸い、ハイキングを楽しみながら筋力トレーニングもできるフィールドアスレチックで、スポーツの秋を楽しんでみてはいかがでしょうか?
【石川県森林公園】
石川県河北郡津幡町上矢田イ89
ホームページ:http://www.shinrinpark-ishikawa.jp/yamabiko/athletic.htm
【料金】
15歳以上 1人1回 平日200円 土日祝430円
6歳以上15歳未満 1人1回 平日100円 土日祝210円 ※プレミアムパスポート提示で中学生以下無料
【営業時間】
9:00~17:00(15:30受付終了)※天候により営業中止もあるためホームページをご確認下さい

アナウンサー紹介

9年間務めた金沢ケーブルでは、生放送の情報番組や通販番組のMCを担当。自社制作アニメ番組の主題歌を歌うなど歌手デビューも。石川県内すべての民放局とNHKの番組でリポーターを経験。ナレーションが得意でCM100本以上を担当。芸能プロダクションで発声滑舌レッスンの指導、親子のコミュニケーション力を高めるマザーズコーチングスクールのマザーズティーチャー、表現力を磨くファミリースピーチアカデミーの講師、お菓子教室の先生など講師業にも力を入れている。2児の母。